ノヴィルタクシーサービス

0120-818-194(ハイヤーイクヨ)

088-631-7210(お四国 八十八)

ホーム > NTSスタッフの八十八カ所 [逆打ち] 日記

2012年8月21日火曜日

さて今日は愛媛県最後まで・・・・・


4/30(月)
今日は愛媛県のお寺を最後まで廻る予定でレッツゴー!早朝5時半すぎに我が家を出発し、
徳島道から松山道を通り南下していくこと3時間少々。今日はうちのドライバーさん(お四国廻る方)もよくお客様をお連れするという別格8番の十夜ケ橋永徳寺によるつもりで大洲ICにて下車。
インターから10分くらい走ると到着です。
別格8番十夜ケ橋 本堂
すぐ横には納経所があります。
本堂を背にし道路を左へ曲がります。橋を渡って又左へ曲がると橋の下へと下りる階段があり
その橋の下がこんな風になっています。
この場所は、弘法大師様が野宿修行された場所だとか・・・・橋を渡るときは金剛杖をついてはダメなんですって。お大師様が起きるからだそうです。

階段下りると・・・・・・・



← こんな寝姿も発見!
   なかなかくつろいでいるようにしか
   見えないのですが・・・・・
      

こちらはおふとんまでついてるんです。
びっくり!!!でもかわいい!
見ての通り鯉のエサまでおいてあります。
このおびただしい鯉の数!まじかで見るともっとすごいんですよ!
ここは鯉だけではありません鯉にエサやりを始めると、鳩がどこからともなく飛んできます。でも人間に馴れているのでしょう手のひらから食べていくんですよぉ~びっくりしました。さてここから本番43番明石寺へ大洲北只から松山道をさらに南下し西予宇和ICで下車。5分ほどで到着です。
43番明石寺本堂は只今修繕中(4/30)だったため
外観は見えず・・・残念


大師堂がひっそりと・・・・
明石寺 山門
登録有形文化財に登録された仁王門


ちょっと引いたところから撮影しました。
仁王門と後ろに修繕中の本堂の姿が・・・・
さすがに5月も近くなると山々の新緑がとてもきれいに映ります。濃い緑や黄緑色の新芽でしょうか・・・・・
   
  


42番 佛木寺 本堂
ちょっと遠すぎでよくわかりませんね(><)



佛木寺 大師堂

こちらは佛木寺 茅葺き屋根の鐘楼です。
納経所の前にあります。
佛木寺のまえの県道沿いは、春はチューリップ、秋はコスモスの花が咲き誇るそうです。
私が行ったのはチューリップが終わった後だったので・・・・残念。今秋はコスモスを見に・・・?

 大師堂
「三間のお稲荷さん」と呼ばれ、親しまれているのが龍光寺
ここは41番 龍光寺 五穀豊穣にご利益があるそうです。


40番観自在寺 本堂
一番霊山寺からもっとも遠くにあり、「四国霊場の裏関所」とも呼ばれる。


観自在寺 山門

八体仏十二支守り本尊
ここは水をかけていきお願い事をすると
良いそうです。あらためて思いますが、石を積んで
その上に仏様を彫り乗せていく、この作業って大変だっただろうな~と・・・・

こちらのかわいい!?「栄かえる」をなでてみましょう。
右記ののようなご利益?が・・・・・・・
見えずらいですが背中の子ガエルの奥にもう一匹・・・
上を向いたようなカエルが乗っています。全部で三匹・・

さあここで愛媛県は終了。ここから高知県へ突入ですがお天気がイマイチ悪い!
今にも降り出しそうな雲行きになってきました。ここから国道56号線を走り約30㎞
39番 延光寺
延光寺さんに到着する頃にはこのお天気!
とうとう降られてしまいました。


目の病気にご利益があるという目洗い井戸です。
この看板を目印に奥へどうぞ   →


竜宮に棲んでいた赤亀が背中に銅の梵鐘を背負ってきたという
お寺の名前と山号にもなったといわれる赤亀です。



   ← 延光寺 仁王門

 
この門をくぐった右手には赤亀が・・・・・・
さて本日はここで終了です。高知県の宿毛の周辺です。徳島は遠いなぁ~、せっかく高知だから美味しいお魚でも頂いて帰りましょうか・・・・などと思いつつ