ノヴィルタクシーサービス

0120-818-194(ハイヤーイクヨ)

088-631-7210(お四国 八十八)

ホーム > NTSスタッフの八十八カ所 [逆打ち] 日記

2012年8月23日木曜日

今日から本格的高知県・・・・と思いきやっ!

5/9(水)
実は只今この逆打ちと同時に別格20霊場も廻っております。という事で・・・・前回愛媛県最終の時別格6番龍光院を飛ばしてしまいましたので、今回も宇和島まで・・・・徳島から約300㎞・・・
早朝5:30頃出発!休み休み走ること3時間半ほど・・・

龍光院 本堂
江戸時代、伊達秀宗が初代宇和島藩主として
この地に入った際、宇和島城の鬼門にあたる
この地に、宇和島藩の安寧と領民の安泰を
祈願して栄瑜上人を開山和尚に迎え寺院が
建立されたそうです。



別格6番龍光院 大師堂

龍光院ではこんなかわいい子地蔵さんが
お出迎えしてくれます。見つけてあげて下さい。
                                                                      
← 少し小さいのでこの写真だけ他のより大きくしてみました。決して私(ちび)を強調したい訳ではありませんので悪しからず(・=・)


和霊神社の鳥居さん
7/23.24で和霊大祭という大きなお祭りが
あるそうです。この鳥居さんの周辺も
にぎやかだそうですよ❤


ちょっと寄り道で龍光院から車で5分ほどです。
和霊神社、町の真ん中にありますのでぜひどうぞ。
初代藩主 伊達秀宗の元で、産業の拡充、民政の安定に手腕を発揮した山家清兵衛(やんべせえべえ)という方をおまつりしている神社、元和6年(1620)凶刃に倒れました。その後この事件に関与した者が相次いで海難や落雷で変死したため、人々は清兵衛の怨霊だと恐れ、その霊を城北の地にまつりました。 
それが和霊神社のいわれだそうです。
 
さて本題ここから高知県の38番金剛福寺さんまでまいります。
和霊神社を10時30頃出発し、国道56号線、320号線をひた走り宿毛市通過、海沿いをどんどこと・・・・走ること3時間少々・・・・はぁ~疲れたぁ~
38番金剛福寺 本堂
四国の最南端、国立公園の足摺岬を見下ろす丘の中腹にあり、
境内は120,000平方メートルを誇る大道場、ここは本当に広い!
お庭も・・・・この写真左側の赤茶っぽい石見えますでしょうか?
左側に池があるのですが、この池周辺によく似た感じの石が
たくさんありました。



38番大師堂
敷地内すべてがそうなんですが、どこを見てもきれいに
整備されていて落ち着くっていう感じを受けました。
納経所への案内地蔵さん?だと思いますが・・・・
親子地蔵かな???

← この亀は“大師亀”というらしく・・・横の立て看板に書いてありました(笑)頭を撫でて念ずると幸運がやってくるとか・・・・!?えぇ~ほんまぁ~と思いつつ例にもれず私も頭ナデナデしてきました(^^)v  幸運やってきますかねぇ~
 

金剛福寺 山門


金剛福寺は岬全体が広大な境内と言われているだけあり、敷地内はとても広かったです。運転し疲れ・・・・そして歩き疲れ・・・・歩き遍路をされている方のことを考えると罰当たりなことですが・・・・大変だぁ~と実感!
37番岩本寺 本堂
ここは四国で唯一5尊の本尊を安置しているお寺だそうです。
不動明王、聖観世音菩薩、阿弥陀如来、薬師如来、地蔵菩薩
私はよく見なかったのですが、本堂の天井はとてもカラフル
だとか・・・・(雑誌に載ってました)今度は絶対見るぞ!



岩本寺 大師堂
200年ほど前の建造物で、境内では最も古いものだそうです。


岩本寺の仁王門
 

ここは弘法大師にまつわる七不思議伝説のお寺だそうです。「子安桜」「筆草」「尻なし貝」「三度栗」「口無し蛭」「桜貝」「戸たてずの庄屋」で境内で見えるのは年7回花が咲き3度実をつけるというクリの木だそうです。この伝説は又勉強しておきます。次回へ持越し・・・・・