ノヴィルタクシーサービス

0120-818-194(ハイヤーイクヨ)

088-631-7210(お四国 八十八)

ホーム > NTSスタッフの八十八カ所 [逆打ち] 日記

2012年9月14日金曜日

さてっ!高知八十八か所巡り再開!

少し休憩を・・・いえいえバタバタしておりまして「逆打ちブログ」が止まってしまいました。
あとひと踏ん張り頑張りましょう。では35番清滝寺より再開です。
ふと 気づきました・・・素人な考えですが。35番36番って「さんずい」があるかないか!?
36番の青龍に“さんずい”をつけたら35番の清瀧になりますねぇ~
何か因果関係があるのかなぁ~ 又調査しなくちゃ!
それでは第2弾です。

清滝寺 山門
清滝寺 薬師如来像
高さは15m 胎内に入って108段の戒壇を
真言宗を唱えながらまわると厄除けのご利益が
あるとか・・・・・
ちなみに私 ちびも廻ってきました(^^)v

清瀧寺 大師堂



35番 清瀧寺 本堂
弘法大師がこのお寺を訪れたとき寺の北の
山中で修行を行い、満願の日に金剛杖で地面を
突くと清水が滝のごとく湧き出て、鏡のような池が
出来たことから、現在の山号 寺名がついたのだとか・・・
種間寺 大師堂
34番 種間寺
こちらも35番さんと同じご本尊は薬師如来様
こちらは“安産の薬師さん”として信仰を集めているそうです。
唐の国から持ち帰った五穀の種を蒔いたことがお寺の名前の由来だとか・・・

 
33番雪蹊寺 延暦年間 弘法大師により開基、高福寺 → 慶運寺 → 雪蹊寺 とお寺の名前が改名されたお寺らしいです。ここには弘法大師様自らが刻んだといわれる大師像が寺宝とか・・・・・・
 

雪蹊寺 大師堂

このお寺を復活させた“月峰和尚”と面識がありその縁でお寺の保護をすることとなり、菩提寺になったのを機に元親の法号にちなんで、現在の名前に・・・・



下の写真は、長宗我部元親の長男のお墓。

 
 


1879年 山本太玄和尚により再興。
弟子の山本太峰によりこの塔が讃えたもの。
とされています。視力を失った太峰が、眼病
平癒を願って修行に出、行き倒れになっていた
所を太玄和尚に救われたという伝説?



あまり関係ありませんがこれは、あの「坂本竜馬」の
剣のお師匠さんのお墓です。いつもご夫婦仲良く
並んでらっしゃるそうです。