ノヴィルタクシーサービス

0120-818-194(ハイヤーイクヨ)

088-631-7210(お四国 八十八)

ホーム > NTSスタッフの八十八カ所 [逆打ち] 日記

2012年9月16日日曜日

本日は室戸岬まで・・・

 
 
5/31(木)本日は徳島道から高知道を走り南国ICで下車しおよそ1時間少々、高知市内を走り海岸線を走り・・・・徳島出発からおよそ3時間半、本日の1ヶ寺目27番札所 神峯寺へ到着。

さて境内へ到着。まだここからこの石畳の奥、
見えますでしょうか?階段が・・・・・160段だとか
はぁ~ これもまた修行!修行!
よし!行くぞっ

敷地内に入り本堂への登り口付近です。
綺麗に手入れされているお庭です。
この庭園、石段の両脇にあります。又少し上ると木の切り株で作った椅子のようなものがありました。ひと休み用かな?

          霊験あらたかな「神峯の水」  →
          昔ある女性が病に伏し危篤状態に
          陥った時夢に現れた弘法大師様に
          このお水を飲まされ一命を取りとめた
          という伝説があるそうです。
          ちなみにお隣の像はなぜか!!??
          水子供養像です。
この石碑というのでしょうか、オブジェは高知大学の
教授の方の作。人の顔に見え、なお少し含み笑いのような??


← 160段の石段を登り切りようやくたどり着いた本堂です。

こちらが 神峯寺 大師堂

無事お参りをし駐車場まで下りてまいりました。このお参りに出かける前にプチ情報としてトマトの入った「うどん」を出してくれると聞いておりましたので、このドライブインへちょっと立ち寄り。お昼には大分早かったのですが・・・・朝食もそこそこで走ってきたので「おうどん位」ならと・・・
でもメニューには「トマトうどん」なるものはなく店主さんにお聞きし作ってもらうことに・・・・
 
作って頂いた「トマトうどん」正式名称は不明。食べる前は「ほんまにトマトとうどんだし合うんかいなぁ~~???」と半信半疑でしたが、食べてみると微妙に美味しいぃぃぃーーーっ!

感動もありご店主さんへお願い「1枚写真いいですか?」快く了解いただけたのでご紹介いたします。皆さんも27番さん行かれたら是非立ち寄ってみては?その他店内には、お遍路用品や名産品なども販売されています。




↓ 駐車場のすぐそばのお店です。
  お参りの前でも後でもぜひどうぞ。
 

 27番神峯寺を後にし、海岸沿いを約40分くらい走ると26番金剛頂寺へ到着です。
26番 金剛頂寺 本堂
創建のころは「金剛定寺」といわれ、女人禁制だったとか・・・
 
金剛頂寺 大師堂
ご覧のとおり、男坂、女坂と・・・
厄除けでしょうか?
これ珍しいですよ、クジラの供養塔

大師が炊いた米が一万倍に増え、人々を飢えから救ったと
いわれる釜です。
 
お大師様の幼少の頃の像。
「稚児大師像」
 さあ次は25番津照寺。金剛頂寺からは10分かからないくらいで到着です。室津港の近くから登ります。                    

まず右手に見えてまいりますのが、津照寺大師堂
でございます。とりあえずここはあとでお参りをします。
そして前を見上げればなんと!この石段!
124段あるそうです。数えませんでしたが・・・


半分ほど石段を登るとこの「派手?」な建物が・・・・
これ鐘楼門です。この門をくぐり終えた所左右に階段が
あり、その階段を登ると中に鐘があります。もちろん撞けます。
124段 登り切りましたらようやく 25番津照寺の本堂が・・・・
新しそうな建物で少しびっくり!調べてみると、昭和50年に落成だそうです。
地元では“津寺”と呼ばれ会場からの目当山となっているようです。
眼下には室津港がありますので、目当山になってるってことは??灯台みたいな役割のなんでしょうかね?さて次は高知県最終のお寺になります、24番最御崎寺へと車を走らせます。
約7㎞ですので20分弱くらいでしょうか・・・

24番 最御崎寺本堂
26番金剛頂寺の西寺に対しこの最御崎寺は東寺と呼ばれ
広大な敷地を持つ室戸岬先端にあるお寺
広大な敷地への入口
仁王門


鐘岩 と呼ばれこのくぼみにおかれている小石で
この岩を叩くと金属音のような音が鳴り響き、
極楽浄土まで響き渡るという、空海七不思議の一つと
なっているらしいです。私も叩いてみました(^^)
確かに石同士の音でなかったです。

 今まで見てきた中でこの「ピンク色」は変わってますね。
大体お寺さんの建物の色でよく使用されているのは
「朱色」が多いように思いますが・・・・・
南国ならではのお色でしょうか?







最御崎寺から5分くらいの所に、弘法大師が19歳の時に
修行をしていたとされる“みくろど”と呼ばれる洞窟が
あります。私が思うのはこの洞窟で修行されたお大師様も
すごいなぁ~と思いますが、この写真見てこんな左右で
うまい具合に洞窟があるものだなぁと感心します。
ちなみに「みくろど」でも納経を
してもらえますので、もし行かれる
方は納経もお忘れなく。


洞窟内はこんな感じ。
カメラのフラッシュで若干明るみを帯びては
いますが実際は真っ暗!目が慣れないと足元
気を付けて下さい。
これで高知の旅・・・んっ!旅じゃない、お寺巡りは終了です。愛媛、高知と四国では広い2県が終了しました。長いような短いような・・・・さあ次は地元徳島へ・・・・いざっ!